【ハローワークに行くのが面倒だった私は、こんなサービスを活用してました】

わざわざハローワークに行きたくない!

そんな時は、スマホから簡単に転職活動ができるサービスを活用しましょう。
▶▶ハロワに行く必要なし!自宅にいながらスマホで転職活動を進める方法はこちら

【ハローワーク】求人検索5つのコツ|営業時間外でもスマホで使える

ハローワーク
スポンサーリンク

ハローワークで求人を検索する時は、5つのコツをおさえることで効率的に探すことができます。

特に面倒なことはありません。

これだ!という求人を見つけるためにも、ぜひご活用ください。

スポンサーリンク

ハローワークで求人検索をする時のコツ5つ

ハローワークに掲載されている求人に応募するには、事前に検索して求人票をチェックする必要があります。

とはいえ…

かなりの数が掲載されていますから、希望の求人を見つけるのは苦労します。

「じゃあ、どうすれば効率よく求人を見つけることができるのか?」

求人検索のコツが下記の5つです。

1.求職者登録をしておく

まずやることは「求職者登録」です。

求職者登録をすることで、ハローワークの非公開求人も検索・閲覧できるようになります。

登録をしなくても、誰でも求人を検索できますが…

一般的に公開されている求人は”公開求人”です。

大手の転職サイトなどのPRで「非公開求人も多数あります!」と、見かけることもあります。

非公開求人って何なの?というと…

簡単に言えば”登録者しか見れない求人”です。

ハローワークにも非公開求人がありますから、事前に求職者登録をして検索・閲覧できるようにしておきましょう。
参考ページ▶▶【ハローワーク】インターネットから求職者登録はできるの?

2.希望する賃金は少し低めにする

求職者登録が完了したら、いよいよ求人検索を進めていきます。

ここでのコツが「希望する賃金を少し低めにすること」です。

”できれば手取りで22〜23万は欲しい…けど、とりあえず17〜18万円あれば生活できる”

という場合は、希望する賃金を17万円もしくは18万円に設定しましょう。

この条件で検索すると…

  • 正社員/170,000円〜250,000円
  • 正社員/170,000円〜350,000円
  • 正社員/180,000円〜450,000円

という形で給与が表示されます。

最低賃金に表示されている額は「新規採用の場合は17万円、18万円」

その企業の勤続年数や役職によって「25万円、35万円、45万円までアップする」という感じです。

上ばかり見てはいけません。

ハローワークの求人を見る時は”下”をチェックです。

3.年齢も少し下にして検索してみる

基本的には正確を年齢した方がいいです。

でも、企業によっては「若さよりも実績重視」「即戦力が欲しい」と考えているところも。

経験や実績よりも若さを重視する企業は、経験1年の23歳を採用するかもしれませんが…

即戦力が欲しい企業であれば、経験が2〜3年の24歳〜25歳を採用する傾向にあります。

とはいえ…

サバを読むとしても1〜2歳がいいところでしょう。

さすがに4歳〜5歳までいくと厳しいです。

また「28歳だけど25歳にする」とか、「30歳だけど28歳にする」というのも辞めた方がいいです。

どうしても…という場合は、ハローワークのスタッフに相談してみましょう。

4.加入保険をしっかりチェックする

原則として、すべての保険に加入している企業がほとんどです。

が、創業して間もない会社やベンチャー企業の場合は、加入していない保険があることも。

保険未加入=自己負担になる可能性があるので、お気をつけください。

5.疑問点はスタッフに相談する

いちいち相談するの面倒だな…混んでるし。

と思うかもしれませんが、疑問点・不安点があったら必ず相談してください。

求人に関する相談をすると、求職活動実績がつくれます。

また、求人票には記載されていない情報(応募人数や会社の情報など)も教えてくれます。

ですから、積極的に相談にいきましょう。

【補足】検索する時の入力項目について

ハローワークで求人検索をする時は、細かい入力項目があります。

詳細については、下記の+ボタンをタッチすると確認できます。

求人検索で入力する項目

検索するのが面倒!という時はスタッフに相談するのもアリ

「特にやりたい仕事や希望する企業がない」
「どうやって活動すればいいかわからない」

という時は、ハローワークのスタッフにどんどん相談しましょう。

そして、疑問点や不安点を正直に伝えましょう。

”相談は10分まで”といった制限時間もありませんからね。

納得するまで相談して大丈夫です。

この時、次回もこのスタッフに相談したいと思ったら、名前を聞くか名刺をもらっておきましょう。

次に来た時「このスタッフに相談したいのですが…」と受付で伝えれば、対応してくれる可能性もありますからね。

※混雑具合によっては対応不可になることもあります※

ハローワークってブラック企業が多い?噂は本当なのか?

転職活動を進めていると「ハローワークってブラック企業が多いから、やめた方がいいよ」という話を聞きます。

ハローワークに求人を掲載するのは”無料”ですから、どんな企業でも求人が出せます。

また、過去にはこのような事故も発生しています。
参考▶▶「ハローワークの求人票に騙された」――新入社員が初任給前日に“過労運転”事故死 夜勤明け、バイクで帰宅中に

こういうのを見ると、確かにハローワーク=ブラックが多いというイメージを持っちゃいますよね。

でも、ハローワークの求人の中にもホワイトだってあります。

「じゃあ、どうすればホワイト企業を見つけられるの?」

「ブラック企業を避けるにはどうすればいいの?」

という方は、こちらのページを参考にしてみてください。
参考ページ▶▶【ハローワーク】ホワイト求人を探すコツ|ブラックとの見分け方は?

ハローワークの求人検索についての疑問

ここからは、ハローワークの求人検索についての疑問を”5つ”みていきます。

Q1.何時から何時まで検索できるの?

ハローワークに行って検索するなら「平日の8時30分〜17時15分」が基本です。

場所によっては「9時30分〜19時まで」とか「土曜日も開館している」ところも。

なので、ハローワークに行く前に営業時間を確認しておきましょう。

ただ、求人を検索するだけなら、スマホやPCからでもできます。
▶▶ハローワークインターネットサービス

Q2.検索だけしに行っても求職活動実績になるの?

ハローワークに行って検索しただけでは、求職活動実績になりません。

スタッフに相談する、講習会に参加する、求人に応募する…

このような活動をしないと実績になりません。

Q3.そもそも検索しにくいんだけど…

使ってみるとわかるのですが、ハローワークの検索ってめちゃくちゃ使いにくいんですよね。

入力項目が多いし、求人票も見にくいし…。

でも、これ関しては慣れるしかありません。

何回か検索を繰り返せば、使いにくさにも慣れるはずです。

「どうしても使いにくい…慣れない…」

という方は、こちらのサービスがおすすめです。
▶▶キャリアインデックス

ハローワークだけでなく、他の転職サイトの求人も見ることができますよ。

Q4.ハローワークの検索アプリってないのかな?

あります。

iTunes/Playストアで「ハローワーク」と検索すると、<ハローワークの求人・仕事・パート・アルバイト検索>というアプリがでてきます。

Q5.ハローワークでホワイト企業を見つけるコツは?

ブラック企業が多いイメージですが、ホワイト企業もあります。

詳しくはこちらのページを参考にしてみてください。
参考ページ▶▶【ハローワーク】ホワイト求人を探すコツ|ブラックとの見分け方は?