【ハローワークに行くのが面倒だった私は、こんなサービスを活用してました】

わざわざハローワークに行きたくない!

そんな時は、スマホから簡単に転職活動ができるサービスを活用しましょう。
▶▶ハロワに行く必要なし!自宅にいながらスマホで転職活動を進める方法はこちら

【ハローワーク】検索機とインターネット(スマホアプリ)では求人に違いがあるの?

ハローワークの求人は直接検索(検索機)だけでなく、スマホやPCからも検索できます。

掲載されてある求人に大きな違いはありませんが、検索機を使ったほうがより詳しい情報を見ることができます。

ここからは、インターネット検索と検索機の違いについて確認していきます。

スポンサーリンク

ハローワークの検索について|検索機とネット検索でどんな違いがあるの?

ハローワークに掲載してある求人を検索する方法は、主に2つあります。

  1. ハローワークの検索機
  2. 自宅のスマホやPCなど

ハローワークの検索機を使えば、求人を見つけたあとで、すぐスタッフに相談ができます。

スマホやPCであれば、ハローワークに行かなくても求人を検索することができます。

時間がなくて、なかなかハローワークに行けない…という方にとってはありがたいですよね。

「でも、検索機とスマホ(PC)だと何か違いがあるんじゃ?」

と気になるところ。

主な違いとしては2つ挙げられます。

違い1:検索機の方が詳しい情報を見れる

ハローワークに設置してある検索機の方が、より詳しい情報を見ることができます。

  • 創業年
  • 資本金
  • その他の情報

…などなど。

その会社がいつできたのか?資本金はいくらあるのか?といった情報は、検索機を使わないと見ることができません。

そこまで気にしない〜という方は、スマホ(PC)の検索で事足りますが…

もっと詳しく知りたい!という方は、検索機を活用しましょう。

違い2:電話での相談はできない

検索機で気になる求人を見つけたら、そのままスタッフに相談することができます。

また、求人をまとめて印刷して、帰宅してから検討することもできます。

ただ、自宅のPCやスマホで気になる求人を見つけた場合。

ハローワークに電話をして相談する〜ということができません。

電話相談には対応していないので、ハローワークに足を運ぶ必要があります。

求人検索はスマホやPCで。気になる求人があったらハローワークで相談を

求人を検索するだけなら、自宅のPCやスマホでも問題ありません。

創業年や資本金など、会社の細かい情報までは見れませんが…

仕事の内容や給与など、基本的な情報はPC・スマホから見ることができます。

PC・スマホで検索する▶求人番号をメモしておく▶ハローワークに行った時に検索機で検索する

という流で検索するのが効率的です。

そして、気になる求人があったら、ハローワークのスタッフにどんどん相談しましょう。

スタッフに相談すれば求職活動実績にもなりますからね。

PCやスマホで検索する前に|求職者登録をしておこう

PCやスマホで求人を検索する前に、求職者登録をしておいた方がいいです。

ハローワークに行く必要がありますが、求職者登録をすることで”非公開求人”を見ることができます。

登録の流れについては、こちらのページを参考にしてみてください。

参考ページ▶▶【ハローワーク】インターネットから求職者登録はできるの?

スマホで検索する時はアプリを活用するのも有効です

ハローワークのインターネットサービスから、求人を検索することもできます。

が、iPhone/Androidスマホに対応しているアプリもあるんです。

iPhoneをお使いの方はiTunesで「ハローワーク」と検索。

Androidスマホをお使いの方はPlayストアで「ハローワーク」と検索。

すると、求人検索ができるアプリが表示されます。

ハローワークのインターネットサービスで検索するより使いやすいと思います。

スポンサーリンク

ハローワークの求人をインターネットで検索する時の疑問点について

ハローワークの検索について、気になる点(疑問点)を3つピックアップしてみました。

Q1:左側にある◎や◯ってどんな意味なの?

検索結果の画面左側に「◎」や「◯」が表示されます。

それぞれの記号には次の意味があります。

  • ◎:全利用者に提供(求職者登録が不要)
  • ◯:求職申込みをしている人のみに公開

「◯」がついている求人は、求職番号を入力しないと企業名などを見ることができません。

なので、事前に求職者登録をしておきましょう。

Q2:◎も◯もない空欄ってどんな意味なの?

求人の中には「◎」も「◯」もないものもあります。

これは企業の意向によるものです。

”事業所名・所在地・電話番号をネット上に公開したくない”という意向です。

ネット上に公開すると、いたずら電話などがくるおそれもありますからね。

ただ、空欄の企業に関しては、ハローワークの検索機を使えば詳細を見ることができます。

Q3:検索しただけでも実績になるの?

ハローワークの検索機で検索しただけでは、求職活動実績になりません。

スタッフに相談する・求人に応募する・講習会に参加するなどしないと、実績になりません。

※ハローワークによっては検索しただけでも実績になることがあります。詳しくはハローワークのスタッフにご確認ください。

【ハローワーク】ネット検索とスマホアプリで求人に違いはある?

ハローワークの求人は検索機だけでなく、ネットやアプリからも検索できます。

スタッフに相談したい時は検索機を活用する。

ハローワークの営業時間外はネットやアプリを活用する、という使い方がベストです。

ここからは、それぞれの違いやメリット・デメリットなどをチェックしていきましょう・

ハローワークの求人検索について|方法は3つ

ハローワークの求人を検索する方法は3つあります。

方法1.検索機

各ハローワークには必ず検索機が設置してあります。

ハローワークに行く手間がありますが、求人の詳細だけでなく企業(事業所)の情報もチェックできます。
(設立年数、資本金など)

その会社や事業所がいつできたのか?資本金はいくらなのか?

などなど、細かい情報も知りたい時は、ハローワークの検索機を利用しましょう。

方法2.ネット検索

ハローワークに行くのが面倒…という時は、スマホ・PCからネットで検索もできます。

ハローワークの営業時間に関係なく、24時間365日検索ができます。

ただし、事前に求職者登録をしておかないと、非公開求人を見ることができません。

参考ページ▶▶【ハローワーク】非公開求人の求人や応募をするには求職者登録が必要

方法3.スマホアプリ

スマホ限定ではありますが、アプリを使って検索することもできます。

ただし、ハローワーク(厚生労働省)が正式に公開しているアプリではありません。

求人自体はハローワークと同じですが、”非公式アプリ”となっています。

なので、アプリに関する問い合わせはハローワークではなく「アプリ開発元」にする必要があります。

各検索方法のメリット・デメリットを簡単にチェック

各検索方法(検索機・ネット・アプリ)のメリットとデメリットをまとめると、下記の表のようになります。

メリットデメリット
検索機
  • 全求人が見れる
  • すぐスタッフに相談できる
  • 混雑していることもある
  • ハローワークに行くのが面倒
ネット検索
  • いつでも・どこでも検索できる
  • ハローワークに行く必要なし
  • 電話での相談はできない
スマホアプリ
  • いつでも・どこでも検索できる
  • ハローワークに行く必要なし
  • 電話での相談はできない

ネット検索=アプリと捉えてOKです。

ただ、より使いやすいのはアプリです。

画面がシンプルでわかりやすいですからね。

ただ、求人に関しての相談は電話ですることができません。

検索するだけならネットやアプリでも大丈夫。

だけど、相談するとなるとハローワークに行く必要がある…という感じです。

ネット検索とアプリはほとんど同じ|使いやすいのはスマホアプリ

PC・スマホのネット検索とアプリは”ほとんど同じ”です。

大きく違うのは表示・入力画面くらい。

ハローワークのインターネットサービスの画面て、ちょっとゴチャゴチャしていて見にくいんですよね…

でも、スマホアプリの画面はとてもシンプルです。

入力もわかりやすいので、初めての方でも難なく検索できます。

※スマホアプリを使うなら「ハローワーク 仕事・パート・アルバイト検索」というアプリが一番使いやすいです。

ハローワーク 仕事・パート・アルバイト検索の3つの特徴

このアプリの主な特徴は3つあります。

1.無料で使える

当然といえば当然なのですが…

アプリは”完全無料”で使えます。

ハローワーク自体が無料で使えますからね。

ハローワークは無料なのにアプリは有料…という形だったら、おかしな話になります。

2.正確な公式情報

”非公式アプリ”ではありますが、掲載されている求人はすべてハローワークとリンクしています。

ハローワークに掲載されている求人情報と完全に一致している、ということです。

ただし、アプリに掲載されるまでにタイムラグが生じることも。

ハローワークに掲載される→2〜3日後にアプリに掲載される、という感じです。

3.メモ・検討リスト搭載

アプリには「メモリスト」「検討リスト」があります。

メモリストは、求人に関するメモを残せます。

検討リストはお気に入り登録のようなもので、気になる求人を登録して残して置けます。

アプリを使って実際に検索してみた

ハローワーク 仕事・パート・アルバイト検索を使って、実際に求人を検索してみました。

感想としては「ハローワークのインターネットサービスより、全然使いやすい」です。

このアプリを初めて使ってみたのですが、特に迷うことなく検索ができました。

シンプルで使いやすいので、重宝できそうです。

その0.求職番号を入力

アプリを起動すると「求職番号を入力してください」というメッセージが表示されます。

登録しなくても利用できますが…

事前に求職者登録をしておくことで、すべての求人を見ることができます。

登録についての流れはこちらをチェック
▶▶【ハローワーク】インターネットから求職者登録はできるの?

その1.希望条件を入力

次に「求人検索」のメニューをタッチし、検索を進めていきます。

求人検索に進むと条件入力を求められます。

未入力でも検索はできますが、入力した方がより希望に近い求人が出てきます。

入力する項目は次の通りです。

【求人情報の種類】
一般(フルタイム)
雇用形態→正社員
派遣・請負を除く→チェックする
契約更新あり→チェックしない

【賃金】
月給→希望額を入力
賞与あり→チェックする

【希望職種】
希望する職業を選択する

【希望産業】
希望する産業(業界)を選択する

【希望就業場所】
都道府県・市区町村を選択
転勤なし→希望しない場合はチェックする

【福利厚生など】
保険加入→チェックする
住込みあり→希望するならチェックする
託児所あり→希望するならチェックする
マイカー通勤希望→希望するならチェックする

【休日など】
希望する休日と日数を入力

【学歴・経験】
不問希望の場合はチェックする

その2.検索結果と求人票をチェックする

希望条件を入力し検索をすると、条件にあった求人がズラッと表示されます。

スクロールしながら求人をチェックしていき、希望の求人があったら検索リストに登録しましょう。

その3.最寄りのハローワークに行って相談する

アプリを使ってできることは「検索まで」です。

相談・応募するとなるとハローワークに足を運ぶ必要があります。

なので、希望の求人を見つけたら最寄りのハローワークに行きましょう。

そして、求人の情報をスタッフに見せて、気になることや疑問点を相談しましょう。