【ハローワーク】土日は営業していない!仕事で平日に行けない時の対処法

仕事柄、平日はハローワークに行けない!

という時の対処法をまとめました。

就職活動をするにあたり、ハローワークにこだわる必要はありません。

他にも支援機関がたくさんありますからね。

ハローワーク以外の機関も活用した方が、効率よくスピーディに進みますよ。

スポンサーリンク

平日はハローワークに行けない!求人はどうやって探せばいい?

「毎日残業続きで、ハローワークに行く時間なんてない」

「土日休みの仕事だけど、ハローワークって平日しかやってないんだよね…?」

などなど。

職種によっては平日にハローワークに行けない…っていう人、多いです。

では、そんな時はどうすればいいのか?対処法を見ていきましょう。

方法その1:土曜日にハローワークに行く

場所は限られますが、土曜日も営業しているハローワークもあります。

検索機を使いたい、スタッフに相談したい、紹介状をもらいたい時などは、土曜日にハローワークに行きましょう。

営業時間はハローワークによりけりですが、9時〜17時や10時〜17時のところが多いです。

また、毎週土曜日、第1/第3土曜日、第2/第4土曜日など、営業日も異なります。

なので、必ず事前にご確認ください。

方法その2:ネットで検索する

求人を検索するだけなら、ネットで事足ります。

スマホや自宅のPCを使えば、ハローワークに掲載されてる求人を検索できます。

ただし、注意点があります。

事前に求職者登録をしておかないと、非公開求人を見ることができません。

また、求職者登録をするためにはハローワークで手続きが必要になります。
参考▶▶【ハローワーク】インターネットから求職者登録はできるの?

方法その3:アプリで検索する

正直、ネットからの求人検索は使い勝手がよくありません。

入力欄がわかりにくい、画面が見にくいなど、改善して欲しいところがたくさんあります。

でも、アプリを使えばストレスなくサクサク検索できます。

シンプルな画面で見やすいですし、インストールも無料でできますしね。
参考▶▶【ハローワーク】ネット検索とスマホアプリで求人に違いがある?

求職者登録や紹介状をもらうには結局ハローワークに行かなきゃいけない

先ほども記載したように、求職者登録をする・紹介状をもらうためには、ハローワークに足を運ぶ必要があります。

求職者登録はネットで<仮登録>までできます。

が、正式登録をするには、ハローワークの窓口で手続きが必要です。

紹介状も同じです。

ネットで申し込み▶▶郵送で受け取るということができないので、お気をつけください。

紹介状って第三者や代理人に受け取ってもらえないの?

「家族であれば代わりに紹介状を受け取ってもらえるんじゃ?」

と思うかもしれませんが…

家族であっても代理受け取りはできません。

紹介状を受け取ることができるのは、利用者(応募者)本人のみです。

ハローワークを通さずに企業に直接申し込めないの?

ハローワークを通して申し込むと紹介状が必要。

なら、ハローワークを通さなきゃ紹介状もいらないし、簡単に申し込めるんじゃ?

…この方法は原則として通用しません。

中には申し込みを受付けてくれる企業もあるかもしれませんが、ほぼ”ない”に等しいです。

直接連絡をしても「ハローワークを通してください」とか「紹介状をもってきてください」と言われることがほとんどです。

面倒ではありますが、なんとか時間をつくってハローワークに行きましょう。

土日しかハローワークに行けない!有給を申請して平日休みを作るのが一番

土日しかハローワークに行く時間を作れない…

という方は、有給を申請して平日休みを作るのが一番です。

「でも、うちの会社は有給をくれない」
「忙しくて有給なんてとれない」

…有給は国が定めている制度です。

なので、有給をくれない・とれないというのは、その会社に問題ありといえます。

また、有給を申請するにあたり、特別な利用は不要です。

「私用のため」とか「役所に行く用事がある」とかの理由で問題ありません。

有給を申請する時の注意点|明日休みますと言うのはNGです

国が定めているルールとはいえ、さすがに「明日休みます」というのはNGです。

あまりにワガママ・自分勝手すぎます。

体調不良でどうしようもない…というなら仕方ありませんが。

有給を申請するなら、遅くても3日前くらい〜できれば1週間前には申請するのが好ましいです。

もしくは会社の昼休み中にハローワークに行くのも方法の一つ

「どうしても有給がとれない…」

というなら、会社の昼休み中にハローワークに行くのも方法の一つです。

1時間の昼休みを使ってハローワークに行く▶スタッフに相談する、紹介状をもらうという方法もあります。

ただ、この方法には2つのデメリットがあります。

1つ目「ハローワークが混雑していたら時間がかかる」

2つ目「ハローワークが昼休み中だとスタッフが少ない」

この2つです。

ハローワークって大勢の利用者がいますし、スタッフの人数も限られています。

なので、行ってすぐ対応してもらえるわけではありません。

求人検索だけじゃない!転職するためにやっておくこと

1.履歴書・職務経歴書の作成

転職する時は、履歴書の他に「職務経歴書」が必要になります。

アピールが伝わらない、何が言いたいのかわからない内容だと、書類選考を通過することができません。

たった1枚の書類ですが…

この書類が転職活動の結果を大きく左右します。

とはいえ、1人でカンペキな職務経歴書を作り上げるのは難しいです。

そんな時に頼りになるのが「転職サイト・エージェント」です。

キャリアコンサルタントが客観的に添削してくれるので、より魅力的な職務経歴書を作り上げることができます。

2.自己分析

内容が充実していてアピール力の高い職務経歴書を作るには「自己分析」が必要不可欠です。

  • 今の仕事で何を学び、どんな実績を残したのか?
  • お客様からはどのような評判を得ていたか?
  • 客観的に見た自分の性格は?
  • 長所や短所は?
  • 応募企業に入社したら何ができるか?どう貢献できるか?

…などなど。

過去→現在→未来という形で考えていくとわかりやすいですよ。

最初から文章で書く必要はありません。

まずは箇条書きでもいいので、思い浮かんだことをひたすら書き出してみましょう。

そして、それを文章化すればOKです。

2.企業・業界分析

分析するのは自分自身だけではありません。

応募する企業や、その企業が属する業界の分析も必要です。

100%絶対にした方がいい!というものではありませんが…

企業分析・業界分析をすることで、その企業の立ち位置がわかります。

また、履歴書の志望動機にも落とし込むことができます。

ホームページやパンフレットに書いてあるような情報だけでは、ペラッペラな内容しか書けません。

採用担当者からしたら「あぁ、この応募者も手を抜いて履歴書をつくったんだな」という印象を持ちます。

他の応募者とは本気度が違う!というアピールをするためにも、企業分析・業界分析は徹底的に行いましょう。

4.転職サイト・エージェントの活用

転職・求職活動の時に使うのはハローワークだけじゃありません。

「転職サイト」や「転職エージェント」も活用した方がいいです。
※それぞれの違いについてはこちらをチェック▶▶ハローワーク・転職エージェント・転職サイトの違い

ハローワークは地方の求人が多いものの、中小〜大手の求人は少ないです。

知名度の高い会社で働きたい!ホワイト企業で働きたい!という方は、転職サイトも活用しましょう。

ただ、転職サイトの場合は応募〜採用までの手続きを<すべて1人で>やらなきゃいけません。

が、転職エージェントであれば専属のスタッフが手続きを代行してくれます。

書類の添削や面接対策など、サービスも充実しています。

無料ですべてのサービスを受けられるので、ぜひご活用ください。

ハローワークだけじゃない!民間の就職支援企業も活用しましょう

地域密着の企業に勤めたいならハローワークを活用するのがおすすめです。

就職・転職するならハローワーク!というイメージもありますしね。

でも…

正直なところ、そこまでハローワークにこだわる必要はありません。

というのも、ハローワーク以外にも支援をしてくれる企業がたくさんあるから。

その中の代表が「転職サイト/転職エージェント」です。

ハローワークには掲載されないような企業(中小〜大手)の求人もたくさんあります。

利用は無料でできますし、履歴書添削・面接対策などのサービスも充実しています。

自分のペースで活動を進めたいなら「転職サイト」

担当のスタッフに相談しながら進めたいなら「転職エージェント」

というように、目的に応じて使い分けるのがベストです。