【ハローワークに行くのが面倒だった私は、こんなサービスを活用してました】

わざわざハローワークに行きたくない!

そんな時は、スマホから簡単に転職活動ができるサービスを活用しましょう。
▶▶ハロワに行く必要なし!自宅にいながらスマホで転職活動を進める方法はこちら

【ハローワーク】相談の仕方や内容について|どんな質問もしていいの?

ハローワークに行くと、常駐している相談員に無料で相談ができます。

他に利用者がいる時は待ち時間が生じますが、相談をスタートした後は特に制限時間もありません。

納得いくまで相談ができます。

ここからは、相談の仕方や相談の内容について、詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

ハローワークで相談をする前に|営業時間をチェック

ハローワークはお役所と似ていて、平日のみの営業です。

営業時間は「平日の8時30分〜17時15分まで

場所によっては19時まで営業しています。

基本的には17時15分までのハローワークが多いので、必ず事前に営業時間を確認しておきましょう。

平日に行けない時は土曜日も営業しているハローワークに行こう

とはいえ…

職業柄、平日は忙しくてハローワークに行けない!という場合もあります。

その場合は、土曜日も営業しているハローワークに行きましょう。

ただし、すべてのハローワークが土曜日も営業しているわけではありません。

「地域名 ハローワーク 土曜日」と検索すれば、対象のハローワークが一発でチェックできます。

ちなみに…

ハローワークによって営業週が異なります。
(毎週/第1・第3/第2・第4という感じ)

なので、営業時間だけでなく営業週も確認しておきましょう。

要注意!ハローワークは電話での相談に対応していない

「そもそも、ハローワークに行くのが面倒。車でも30分かかるし…」

近くにハローワークがないと、いちいち行くのが面倒ですよね。

だったら電話で相談すればいいんじゃ?と思いますが…

ハローワークは電話での相談に対応していません。

相談する際は必ず窓口に行く必要があります。

「どうしても電話で相談したい!」という方は、転職エージェントを活用しましょう。

相談したいことがある!どうやって相談すればいいの?

さて。

いざ相談すると言っても、どんな手順で進めればいいのか?

はじめてハローワークに行く時って、不安だらけです。

でも、行ってみると案外簡単に相談できることがわかります。

相談する流れを簡単にまとめると、次のようになります。

1.ハローワークに行く

まずは最寄りのハローワークに行きましょう。

車で行っても、公共交通機関で行っても大丈夫です。

ただし、場所によっては無料駐車場がないところもあります。

その場合は、公共交通機関で行く、もしくはコインパーキングを利用しましょう。

2.窓口で相談したいことがあると伝える

ハローワークに入ると、受付窓口があります。

はじめての場合は「はじめてハローワークを利用するんですが」

2回目や相談事がある場合は「相談したいことがあるのですが」と伝えればOKです。

※はじめての場合は求職者登録を行う

はじめてハローワークを利用する場合は「求職者登録」を行います。

氏名・住所・生年月日・資格・職歴などを記載します。

履歴書のようなものですね。

求職者登録を行えば、ハローワークの非公開求人も見れるようになります。

また、条件に合った求人を紹介してくれることもあります。

3.案内されるまで待つ

ハローワークには多くの利用者がいます。

5分〜10分で案内されれば早い方です。

混雑具合によっては30分以上待つこともあります。

空いているハローワークであれば、待ち時間なしで案内されるんでしょうけどね…。

4.呼ばれたら相談員のところへ行く

待合室で待っていると「どうぞ〜」という感じで案内があります。

案内に従い、相談員のいる窓口に行きましょう。

身構えて堅くなる必要はありません。

聞きたいことは納得行くまでとことん聞きましょう。

5.納得できるまでとことん相談する

ハローワークでの相談に時間制限はありません。

20分でも30分でも、納得いくまで相談して大丈夫です。

「他にも利用者さんがいるし…」と気を遣いたくなるところですが…

それよりも大事なのは<自分自身>ですからね。

遠慮せず、とことん相談しましょう。

ハローワークではどんなことを相談すればいいの?相談内容について

わからないこと・気になること・心配なこと・不安なこと。

本当に何でも相談していいですよ。例えば…

  • 自分に合った仕事がわからない
  • どんな流れで進めればいいかわからない
  • 職務経歴書の書き方を教えてほしい
  • 企業の評判や社風を知りたい
  • 希望する応募先の倍率がどれくらいか知りたい
  • その企業では具体的にどんな仕事をするのか知りたい
  • 未経験だけど応募できるのか?

などなど。

求職・転職活動を進めるうえでの疑問点だけでなく、求人・企業に関する質問もしてOKです。

遠慮なんてする必要ありません。

聞きたいことはどんどん聞きましょう。お金もかかりませんしね。

ハローワークで効率よく相談を進めるための5つのコツ

効率よくサクサク相談を進めるコツとして、下記の5点があげられます。

コツ1.聞きたいことを事前にまとめておく

メモ帳やノートに聞きたいことをまとめておくといいですよ。

「あ、このことはハローワークに行って質問しよう」と思っても、案外すぐ忘れてしまうものです。

聞きたいことが出てきたら、その時点でメモしておきましょう。

スマホのメモ帳でもOKです。

コツ2.気になる求人があったら求人票を持っていく

求人を検索していて気になる求人があったら、それを印刷して持っていきましょう。

ハローワークの検索機を使えば、その場で・無料で印刷できます。

求人は複数件でもOKです。

「この求人とこの求人が気になります」と伝えれば、相談員の方から色々と聞いてきてくれますよ。

コツ3.些細な疑問も聞いておく

どんな些細な疑問でもいいので、その場で聞いておきましょう。

「そんな質問すんなよ…」と、嫌な顔をされることはありません。

本気で活動すればするほど、細かいことも気になりますからね。

家に帰ってから「聞いときゃよかった…」と後悔するのはもったいないです。

コツ4.活動実績作りを目的にしない

失業保険をもらうとなると「求職活動実績」を作る必要があります。

相談員に相談する、企業に応募する、ハローワークのセミナーに参加する。

このような活動が実績になります。

でも…

実績作りを目的にしていると、いつまで経っても就職先が決まりません。
(僕自身がそうでした…)

失業保険は期限がありますからね。

いつまでももらい続けることはできません。

コツ5.時間には余裕を持っていく

ハローワークに行く時は、必ず時間に余裕を持っていきましょう。

はじめて行く時は、混雑具合がどれくらいかわかりませんが…

思っている以上に混んでいます。

開館前から並んでいる人もいたりします。

検索機を使うだけなら最低でも1時間くらい。相談するとなると2時間〜3時間くらいの時間を見た方がいいですよ。

ハローワークの相談に関するQ&A

Q1:相談員を指名することはできるの?

原則として相談員の指名はできません。

ただ、お願いすることはできます。

「どうしても◯◯さんに相談したいことがあるんです…」

とお願いすると、対応してくれることもあります。

とはいえ、100%ではありません。

混雑具合によっては他の相談員が対応することになります。

Q2:相談する時の持ち物は?

ノート(メモ帳)・筆記用具を持っていくのが好ましいです。

手ぶらでも問題ありませんが、相談のメモは取っておいた方がいいですからね。

また、服装も何でもOKです。スーツでも私服でも。

Q3:お金はかかるの?

かかりません。

ハローワークは無料で利用できます。

指名料がいくら〜とか、30分の相談でいくら〜ということはありません。

ハローワークの営業時間内に行けば、制限時間なんて気にすることなく相談ができます。

無料で利用できる機関ですから、とことん使い倒しましょう。