【ハローワーク】在職中に登録や転職相談をする時の注意点

会社を辞めてからじゃないと、求職者登録や転職の相談ができないんじゃ?

と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

在職中でも登録や相談はできます。

ただし、いくつか注意点があります。

スポンサーリンク

求職者登録や転職の相談をする時の注意点5つ

ここからは、求職者登録をする時/転職の相談をする時の注意点を5つ見ていきます。

無料で利用できる点が最大のメリットですが…

反面、デメリットもいくつかあります。

注意点1.ハローワークの営業時間が限られている

ハローワークは原則として「平日のみ」の営業です。

午前8時30分〜午後5時15分(もしくは午後7時まで)が基本で、場所によっては土曜日も営業しています。

職種によっては、この営業時間内に行くのってかなり大変ですよね…。

残業が多いとかシフト制とかだと、行きたくても行けないことがあります。

注意点2.思っている以上に混雑している

ハローワークによりけりですが、思っている以上に混雑しています。

開館直後はそれほどでもないのですが…10時を過ぎるころには、結構な利用者になっています。

そして、利用者が多いと待ち時間も長くなります。30分〜60分待ちになることもあったり…。

注意点3.求職者登録はネットからできない

ネットからは<仮登録まで>できます。

が、正式な登録手続きはハローワークの窓口で行う必要があります。

営業時間内に行かないと手続きができないので、正気面倒ではありますね…。

注意点4.ハローワーク内は雰囲気がどんよりしている

ハローワークには色々な年代の利用者がいます。老若男女問わず。

当然ながら、明るくワイワイ楽しい雰囲気!…ではありません。

必死に求職活動をしている人が多いので、なんだか殺伐としています。

あと、とにかく雰囲気がどんよりしています。

30分いるだけでも、精神的にめちゃくちゃ疲れます。

注意点5.スタッフによって相性の良し悪しがある

ハローワークのスタッフ(相談員)は1人ではありません。何人もいます。

しっかり話を聞いてくれるスタッフに当たればラッキーなのですが…

中には態度が悪いというか雑というか…ちゃんと話聞いてますか?と思ってしまうスタッフもいます。

相性の良し悪しはもちろんですが、やる気のある無しもあります。

しかも、毎回同じスタッフを指名することができませんからね…。

相談に関しては、ハローワークのスタッフよりも転職エージェントの方が優秀です。

在職中でもハローワークの求職者登録はできるの?

ハローワークを利用するためには、求職者登録を行う必要があります。

在職中でも問題なく登録はできます。

ただ、正式に登録を行うには、ハローワークに直接足を運ぶ必要があります。

ネットだと<仮登録>までしかできないんです…。

その後、ハローワークの窓口に行き、正式手続きを行います。
参考▶▶【ハローワーク】インターネットから求職者登録はできるの?

在職中でもハローワークのスタッフに相談できるの?

できます。

ハローワークの窓口に行き「相談をしたい」と伝えればOKです。

混雑状況によって待ち時間が生じますが、相談は無料でできます。

制限時間もないので、納得できるまで相談しましょう。

【補足】ハローワークの営業時間について

ハローワークの営業時間は基本的に「午前8時30分〜午後5時15分まで」です。場所によっては「午後7時」まで営業しています。

また、土曜日も営業しているハローワークもあります。営業時間は午前9時(もしくは10時)〜17時のところが多いです。

あまり遅くまでは営業していないので、残業などがあるとなかなかいけません。

そんな時は有給や半休を申請して、時間を捻出しましょう。
参考▶▶【ハローワーク】土日祝日は原則休み!営業してない時の活動方法について

このような方はハローワークを活用した方がいい

デメリットばかり書いてきましたが、ハローワークを使うメリットもあります。

  • 地域密着の求人の企業が多い
    →地方で働きたい!という人は使う価値あり
  • 履歴書や職務経歴書の添削もしてくれる
    →無料でしてくれるので使う価値あり
  • 中にはホワイト企業の求人もある
    →ブラックが多い印象が強いので、案外穴場だったりする

…などなど。

地元で働きたい!という方は特に使った方がいいですよ。
参考▶▶【ハローワーク】メリットとデメリットを確認|地元で働くならぜひ活用を

【疑問1】在職中にハローワークを使うと会社にバレるんじゃないの?

求職者登録や相談をすると、そのことが会社にバレるんじゃ?と心配に思うかもしれません。

が、バレることはありません。

ハローワークのスタッフが会社に報告することは絶対にありませんからね。

ただ…

次のような行動がキッカケでバレる可能性もあります。

  • ハローワークに入っていくところを見られた
  • 会社のパソコンで求人検索をしていた
  • 早く帰る日が増えた
  • 面接時に同僚に遭遇した

などなど。

とはいえ、ただハローワークを使っただけでバレることはありません。

【疑問2】会社を辞めてから転職活動をした方がいいの?

平日は休めない、残業があるからハローワークに行く時間がない。

こういう状況だと、退職してから転職活動をした方がいいんじゃ?と思いがちです。

でも、辞めた方がいいです。

余程の理由がない限り、在職中に転職活動を進めた方がいいです。

万が一不採用だったとしても、今の職場で働けますからね。

退職して不採用が連続すると…発狂しそうになりますよ。本当に。

【疑問3】転職する時ってハローワークを使わなきゃダメなの?

絶対に使わなきゃダメ!という決まりはありません。

ハローワーク以外にも転職をサポートしてくれるサービスはあります。

幅広い求人を扱う「転職サイト」

スタッフが担当に付いてサポートしてくれる「転職エージェント」

目的・用途に応じて使い分けるのがベストですよ。