【ハローワーク】在職中に登録や転職相談をする時の注意点

忙しくて全然時間がない!けど転職したい!

という方のために、戦略を5つご紹介します。

転職活動する時間なんてない…という状況かもしれませんが、戦略次第で時間はつくれます。

今の仕事を辞めましょう!とか、仕事をサボりましょう!というものではありませんから、ご安心ください。

転職したいけど忙しい!時間がない!そんな人が取るべき戦略とは?

毎日残業続き。

繁忙期になると休日出勤もあたりまえ。

こんな忙しい状態だけど、どうにかして転職活動を進めたい!

…という方は、下記5つの戦略をお試しください。

  1. 忙しい原因を突き止める
  2. 時間を作る
  3. 在職中に転職活動を進める
  4. キャリアカウンセラーに相談する
  5. 焦らずに転職活動を進める

次に、各戦略についての詳細をチェックしていきます。

戦略1:なぜ忙しいのか?原因を突き止める

仕事で忙しいのはわかります。

お客様の相手をしたり、事務仕事をしたり…。

でも、8時間ぶっ通しで仕事をすることって、そうありませんよね?

実際はちょっとした空き時間(隙間時間)があるものです。

移動する電車の中やお昼ご飯を食べた後などなど。

「忙しいと思っていたけど、振り返ってみると案外、隙間時間があった」

このように、隙間時間を見逃していた〜という忙しさの原因があります。

他にも、次のような原因が考えられます。

●1つ1つの仕事に時間をかけ過ぎている
→完璧主義者に多い傾向。60点〜70点くらいでいいから、大まかに完成したら提出するクセをつけると◯

●次から次へと仕事がでてくる
→仕事を最優先に考えているからこその悩み。転職活動をするなら、仕事よりも転職活動を優先するべき。

●疲れで転職活動どころじゃない
→半休や有給を使って時間を作った方がいい。やりがいや目標があれば体・心ともに疲弊しきることは少ない。

【補足】隙間時間を活用しよう|5分くらいでも求人検索はできます!

5分〜10分くらいの”隙間時間”は、求人検索の時間に充てるといいですよ。

求人サイト(ネット)を使えば、いつでも・どこでも検索できますからね。

また、電車通勤をしている場合は、移動中の時間を活用できます。

電車の中では寝ている…とか、アプリをしている…とか。

これだと時間がもったいないです。

ちりも積もれば山となる。

隙間時間は有効活用しましょう。

戦略2:有給や半休を活用して時間を作る

仕事がある日はどう頑張っても時間が作れない…

という場合は、有給や半休を申請しましょう。

先輩・上司が申請していない職場だと「若手なんかが申請していいのかな?」と不安になりますが…

有給に関しては法律で定められている制度です。

申請したからといって減給されるとか、罰を喰らうことはありません。

有給を使えば1日分の時間ができます。

この時間を使って、履歴書や職務経歴書を書く、面接に臨むなどしましょう。

【補足】有給を申請する手順と理由の書き方

有給を取得する場合は、事前に申請が必要です。

「今日、有給ください」というのは通用しません。

じゃあ、いつ・誰に申請すればいいのか?というと、”1週間前を目安”に”直属の上司”に申請しましょう。

上司に申請すると理由を尋ねられることがあります。

原則として、有給を申請・取得するにあたり理由を伝える必要はないのですが…

もし理由を尋ねられたら「私用のためです」と答えればOKです。

それでも詳しい理由を聞かれたら、次のように答えましょう。

  • 免許の更新に行くから
  • 役所や銀行での手続きがある
  • 工事や修理で立会いが必要だから
  • 旅行に行くから
  • 友人の結婚式があるから

…などなど。

却下されることは、まずないはずです。

戦略3:なるべく在職中に転職活動を進める

時間が取れない・作れないと「辞めてから転職活動しようかな…」と思いがちです。

が、なるべく在職中に転職活動を進める方がいいです。

というのも、今の仕事を辞めると”無収入”になるから、精神的にかなりツラくなります。

貯金があったとしても、それがどんどん削られていきますからね…。

精神的にツラくなると、転職活動も手がつかなくなります。

どんどん負のループに陥ってしまいます。

なので、在職中に転職活動を進めた方がいいんですよね。

※こちらのページも参考になりますよ
▶▶【第二新卒の転職活動】働きながら?辞めてから?結論はこちら

戦略4:キャリアカウンセラーに相談をする

1人で転職活動を進めるのって案外大変です。

履歴書・職務経歴書の書き方、スケジュールの組み方、退職・入社日の目安…などを”すべて1人で”進めますからね。

でも、そんな時に頼れるのが「キャリアカウンセラー/キャリアコンサルタント」です。

ハローワークや転職エージェントに在籍している方で、彼らは転職のプロです。

転職についての相談にものってくれ、添削やアドバイスもしてくれます。

しかも、利用するにあたって費用はなし。無料です。

土日でも、電話でも対応してくれるカウンセラーもいます。

ぜひご活用ください。

戦略5:焦らずに転職活動を進める

転職活動を進めるにあたり”焦り”は禁物です。

今の仕事が忙しい!辞めたい!早く転職したい!

…という感じだと、どうしても焦ってしまいがちです。

でも、焦って転職先を決めると、思っていた職場(仕事)と違う!ということになりかねません。

そうならないために、慎重に転職活動を進めていきましょう。

さいごに

忙しい・時間がない方は、下記5つの戦略をお試しください。

  1. 忙しい原因を突き止める
  2. 時間を作る
  3. 在職中に転職活動を進める
  4. キャリアカウンセラーに相談する
  5. 焦らずに転職活動を進める

どれも大切な戦略ですが、特に大切なのは「4」です。

1人で転職活動を進める、カウンセラーに協力してもらって進めるとでは、全然進み具合が違います。

あと、精神的な安定度も違います。

カウンセラーからのアドバイスって、とっても力になりますしね。