【ハローワーク】紹介状なしで直接応募をすることはできないの?

ハローワークの求人の多くは、応募する時に紹介状が必須になっています。

窓口で発行をお願いすれば、すぐ発行してくれますが…

そもそもハローワークに何度も行くのって面倒ですよね。

なので、紹介状なしで応募できないの?と思ってしまいます。

スポンサーリンク

紹介状なしで直接応募をすることはできないの?

ハローワークに掲載されている求人に応募する場合、原則として紹介状が必要です。

求人表に紹介状が必要ですという旨が記載されているなら、紹介状が必須。

なので、紹介状なしで応募することはできません。

厳密に言えばできるにはできるのですが…

書類選考の時点で落とされる、悪い印象を抱かれる可能性がとても高いです。

なので、紹介状なしで直接応募するのは辞めた方がいいですよ。

紹介状が必要なのに直接応募すると?マイナス印象を抱かれる可能性が高い

上述したように、紹介状なしでも応募できるにはできます。

ただ、書類が到着しても「こいつ、紹介状ないじゃん」となり、書類選考の時点で弾かれることがほとんどです。

また、運良く面接を取り付けてもらったとしても、マイナス印象を抱かれている可能性が高いです。

紹介状が必要って書いてあるのに、何で送ってこなかったんだ?コイツは」という感じ。

ですから、求人票に書かれていることは必ず守ってください。

【疑問】そもそも何で紹介状が必要なの?紹介状の意味合いについて

ハローワークの求人票には、次のような内容が記載してあります。

※画像はハローワークからの出典です※
▶▶http://hellowork.kilo.jp/syoukaijyou.html

【左側】

紹介状
◯◯ ◯◯様
先に申込いただきました求人について次の方を紹介いたします。
面接日 平成◯年◯月◯日◯時◯分

  • 求人番号
  • 求職番号
  • 所在地
  • 担当者名
  • 選考及び就業場所までの地図

【右側】

  • 合否結果
  • 求職番号
  • 求人番号
  • 採用職種・雇用予定日
  • 賃金見込み月額

 

また、なぜ紹介状が必要なのか?というと…

  • 企業側→ハローワークからの紹介ということで安心感がある
  • ハローワーク側→どの求職者にどの企業を紹介したのかを把握する

といった意味合いがあるからです。

また、企業側として助成金をもらうために紹介状を必要としています。

ハローワークの求人の中には「トライアル雇用」や「既卒採用拡大求人」といったものがあります。

<一定期間、正社員として採用すれば国が助成金を交付しますよ〜>

という求人です。

で、この助成金を受け取る時に紹介状が必要になるわけです。

紹介状なしでも応募できる!?主な方法は3つある

いちいちハローワークに行って紹介状をもらうのが面倒…

という場合は、紹介状なしでも応募できるか?念のため確認してみましょう。

スポンサーリンク

その1.企業のホームページを見てみる

まず確認するのは「応募先のホームページ」です。

ホームページから採用情報のメニューに進むと、現時点で採用を行っているか?確認できます。

そして、採用を行っている場合は電話やメールで問い合わせをします。

この時に「必要な書類は何がありますか?」「ハローワークの紹介状は必要ですか?」と確認をしましょう。

その2.求人情報誌(フリーペーパー)を見てみる

フリーペーパーとしてある「求人情報誌」にも、いろいろな求人が掲載してあります。

ハローワークに比べると掲載数は少ないものの、紹介状なしで応募することができます。

ただ…

フリーペーパーの求人って、なんだか怪しいキャッチコピーが目立つんですよね。

  • 初心者歓迎♪
  • 未経験者大募集♪
  • 若手中心の活気ある職場です!

…という感じ。

甘い言葉で引き寄せないと応募が来ないんじゃ?と思ってしまいます。
参考▶▶【ハローワーク】ホワイトとブリッジ企業を見分けるコツ7つ

その3.転職サイトやエージェントから応募する

一番安心してできるのは「転職サイト」や「転職エージェント」から応募することです。

ハローワークよりも多くの求人が掲載されていますし、質も高いです。

しかも、登録〜利用するのにお金はかかりません。無料です。

転職サイトから応募する時に必要な書類は「履歴書」と職務経歴書」です。

転職エージェントから応募する場合も同じですが、エージェントの場合は担当のスタッフが「紹介状」を作成してくれます。

転職エージェントの紹介状は、応募先へのアピール書類のようなものです。
(添え状、カバーレターとも呼ばれています)

さいごに

紹介状をもらうためには、必ずハローワークに足を運ぶ必要があります。

郵送での受け取りやネットでの交付、代理人の受け取りには対応していません。

面倒なところではありますが…

「ちょーだい」と言えばすぐ発行してくれます。

ただし、ハローワークが混雑しているとかなり時間がかかります。

なので、なるべく空いている曜日や時間帯を狙っていくのがいいですよ。
参考▶▶【ハローワーク】何曜日に行くのがいい?空いている・混む時間について

もしくは、ハローワークなんて使わず、転職サイトやエージェントを使って転職するのもありです。
参考▶▶【徹底比較】ハローワークと転職サイトはどっちがいい?