【2年目で転職したい】第二新卒のメリットとデメリット|3回目がボーダーライン?

新卒で入社してからまだ2年目。

3年は働こうと思ったけど、そろそろ転職したい。

でも、本当に転職するべきなのか?もし転職するなら何からはじめればいいのか?

このような疑問を解決できる情報をまとめました。

転職活動を本格的にスタートさせる前に、ぜひご確認ください。

スポンサーリンク

新卒2年目なら第二新卒あつかいになる

新卒1〜3年目以内は「第二新卒」という扱いで転職活動ができます。

”新卒”という言葉が表すように、新卒と同じ待遇・条件で転職ができるんです。

ただし、新卒と比べると求人数は少ない傾向にあります。

「新卒は募集しているけど、第二新卒は募集していない」という感じ。

とはいえ、第二新卒を積極的に募集している企業もあります。

社会人経験が少ないから不利なんじゃ…と悲観視しなくても大丈夫ですよ。

最低3年は働け!それってどうなの?

一般的には「最低でも3年は働け」と言われていますよね。

”石の上にも三年”ということわざがあるように、3年が一つの節目になっています。

でも、本当に3年働いてから転職するべきなのか?

これについては賛否両論あります。

それぞれの考え方を簡単に見てみると…
(下記の+ボタンをタッチすると確認できます)

賛成派
  • 風習として根付いているから
  • 最初はイヤでも3年も続ければ慣れるから
  • 1〜2年で仕事や働き方は身につかないから
  • 経験を積むことで仕事が楽しくなるかもしれない
  • 3年働けば転職に有利になると思う
否定派
  • 合わないことを続けるのは精神的にもツラい
  • イヤイヤ続けていても成長できない
  • 勤続年数より「得たスキルや経験」の方が大切
  • そもそもなぜ3年なのか?がわからない
  • 3年以内なら第二新卒あつかいで転職できる

転職する!と決めたなら勤続年数は気にしなくていい

賛成派・否定派ともに、さまざまな意見があります。

でも、”3年”という数字にこれといった根拠ってありませんよね。

昔から言われている〜とか、それが常識〜という感じです。

なので、何が何でも3年働かなきゃ!ということはありません。

大事なのは勤続年数よりも「今の会社で何を得たか?どんな経験をしたか?」です。

そこをアピールできれば、第二新卒での転職もうまくいきますよ。

2年目で転職|第二新卒で転職するメリットとデメリット

新卒2年目で転職することは、メリットとデメリットがあります。

第二新卒あつかいで転職できるのが一番のメリットではありますが…

対照的にデメリットもいくつかあります。

ということで、2年目で転職することのメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット
  • 第二新卒あつかいで転職できる
  • 積極採用している企業もある
  • はやめに軌道修正ができる
  • 今後の伸びしろも期待できる
  • 若いからこそ新しい環境に馴染みやすい
デメリット
  • 経験不足と判断されることもある
  • すぐ辞めるんじゃ?と不安視される
  • 転職グセがつくかもしれない
  • 人間関係がゼロからのスタートになる
  • 転職活動を進める時間が必要

 

メリットの解説(詳細はここをタッチで確認)

第二新卒あつかい〜という他にもメリットがあります。例えば…

今の仕事を続けても成長できる気がしない。
想像以上にブラックでツラい。

…という場合は、早めに転職することで”軌道修正”ができます。

ツラくキツい環境で働き続けると、精神的にヤられますからね。

あと、若さが武器になります。

若いからこそ成長度がありますし、若いからこそ環境に馴染みやすいと言えます。

歳を取ると、新しい環境に馴染むのってかなり大変ですからね…。

デメリットについて解説(詳細はここをタッチ)

メリットだらけというわけではありません。

2年目で辞めて転職する=経験不足と捉えられたり、また辞めるんじゃ?と判断されることもあります。

あと、1回転職すると「合わなかったら、また転職すればいいや…」と油断しがち。

20代での転職は、せいぜい2〜3回がボーダーラインです。

ゲームの世界とは違いますからね。

慎重に転職活動を進めないと、あとで取り返しがつかなくなりますよ。

20代の転職は3回目がボーダーライン?

20代で3回目の転職になると、企業側がマイナスの印象を持ちます。

なので、1回目・2回目に比べると転職の難易度は高いです。

でも、コツさえおさえれば大丈夫です。

3回目の転職がどれくらいの難易度なのか?

成功させるのはどうすればいいのか?

詳しく見ていきましょう。

20代の転職は3回がギリギリ|その理由について

キャリアアップのためなら何回でも転職してやる!と安易に考えてはいけません。

というのも、転職の回数が多くなればなるほど「マイナス印象」を抱かれるからです。

リクナビNEXTのデータによると、1回目〜2回目の転職であれば、それほどマイナスにはならないとのこと。

でも、3回目になるとマイナスに捉える割合が一気に増加します。

1回目・2回目だと8%▶▶3回目だと36%

4倍以上の割合になります。

では、なぜこれほどマイナスに捉えるのか?その理由をチェックしてみましょう。
(下記の+ボタンをタッチすると、詳細をチェックできます)

理由1.長続きしないと思われる

20代で3回目の転職をする=1社あたりの勤続年数が短いわけです。

なので「採用しても、どうせ長続きしないんだろうな…」とか「3年もしないうちに辞めるんだろうな…」と思われるんですよね。

1回目〜2回目の転職であれば、そこまでのマイナス印象を抱かれません。

でも、3回目になると話は別です。

「長続きしない」と思われる前提で、転職活動を進める必要があります。

理由2.トラブルを起こすと思われる

転職回数が多い=何か問題を起こして辞めたんじゃ?とか人間関係に問題があるんじゃ?思われることもあります。

履歴書や職務経歴書だけでは人間性は伝わりませんが…

書類選考を通過しないと面接にはたどり着けません。

マイナス印象を少しでも取り除けるような履歴書・職務経歴書を作成しましょう。

理由3.忍耐力がないと思われる

勤続年数が短い=忍耐力がないと思われます。

イヤなことがあったらすぐ逃げるんじゃ?
ちょっと怒られただけで辞めるんじゃ?

…という感じですね。

これを払拭には次の2点を伝えることがポイントです。

「前職(前々職)で成し遂げたこと」と「転職先で貢献できること」

あなただからできた(できる)こと」を伝えれば、忍耐力がないのでは?というマイナスイメージを打ち消せます。

採用担当者は「ネガティブ」に捉えると考えておきましょう

転職先の採用担当者(人事担当者)は、あなたに対して”ネガティブ”なイメージを持ちます。

もしあなたが採用担当者で、3回目・4回目の転職を考えている人が来たらどう思うか?

…と考えるとわかりやすいです。

なので、3回目の転職を成功させるのは「採用担当者に”この人なら安心して採用できる”」と思ってもらえることがポイントです。

3回目の転職を成功させるコツとは?

では、どうすれば安心してもらえるのか?

3回目の転職を成功させるコツは、次の3つです。

下記の+ボタンをタッチすると詳細を確認できます。

1.転職回数を前向きに伝える

転職回数の多さは基本的に”マイナス”です。

でも、伝え方次第では”前向き””プラス”の印象になります。

例えば…

●これまでの会社では、このような実績を出しキャリアアップをしてきた。御社ではこのような貢献ができると考えている。

●転職を通じて今までになかった価値観ができ、視野も広がった。だからこそ、既成概念にとらわれない考え方ができる。

●子ども〜お年寄りの幅広いお客様を相手にしてきた。だから、どんな年齢層のお客様でも柔軟に対応えきる。

などなど。

前職(前々職)の仕事内容や取り組んだことを振り返り、アピールポイントを捜し出しましょう。

2,同じ職種への転職ならスキルの高さを伝える

例えば、営業→接客→接客と続けてきて、次は「営業」を考えている場合。

”お客様と接している”という職種に変わりありません。

なので、これまでの仕事で培った”スキル”や”能力”の高さを伝えましょう。

同じ職業(職種)を経験してきたなら、間違いなく能力は高いはずですからね。

異業種への転職なら総合力を伝える

上記のような形ではなく、営業→製造→SEと転職してきて、次は「販売」を考えている。

一貫性がないと思われがちですが、言い換えれば”それだけ多くの働き方をしてきた”ということです。

1社あたりの勤続年数が短いので、高い能力やスキルが身についたわけではありませんが…

「総合力がある」「多様性がある」とも言えます。

これまでの経験+転職先で貢献できることをアピールしましょう。

転職の基本|なぜ転職するの?転職先ではなにが出来るの?

3回目・4回目の転職であっても、転職の基本は変わりません。

  • なぜ転職するの?
  • 転職先ではなにが出来るの?

転職回数に関係なく、この2つが基本です。

なぜ転職するの?

「職場の人間関係がイヤだから」
「給料が少ないから」
「やりたい仕事じゃないから」

このような理由で転職する人は多くいます。

でも、それをバカ正直に伝えるのはダメです。

マイナスの理由で転職するなら、それをプラスに言い換えましょう。

  • 人間関係がイヤ→相手に合わせた言動をとれるようになった
  • 給料が少ない→成果を評価する点に魅力を感じた
  • やりたい仕事じゃないから→御社でしかできない仕事がある

…という感じ。

1人では考えつかないかもしれませんが、そんな時は転職サイトのサービスを活用しましょう。

転職先ではなにが出来るの?

「あなたが入社することで得られる弊社のメリットは?」

「あなたはどんな形で貢献してくれるの?」

…という疑問にこたえる必要もあります。

企業側とすれば、新しい人員を採用する=採用コストがかかるわけですからね。

赤字になってしまっては意味がありません。

どんな仕事をして、どんな貢献ができるのか?

しっかり伝えられるよう、事前に準備しておきましょう。

転職を考えている時にやることは3つ

現時点で転職を考えているなら、やることは3つあります。

今すぐ会社を辞めて転職!ということはしなくてOKです。

空き時間を活用して、できることから進めてみましょう。

1.求人サイトを見てみる

転職を考えているなら、まずは「求人サイト」を見てみましょう。

ハローワークに行く必要はありません。

スマホを使えば、いつでも・どこからでも求人を見ることができます。

通勤中の電車の中や、仕事中の小休憩時間など、隙間時間を活用するのがベストです。

2.転職のプロに相談する

転職を考えている時って、誰かに相談したくなりますよね。

相談相手となると、親や友人、会社の同僚・上司を考えるかもしれませんが…

身近な人には相談しない方がいいです。
(進捗を報告する、転職が決まったら報告する感じでOK)

というのも、転職についての知識やノウハウを持っていないから。

どうやって進めればいいのか?何に気をつければいいのか?そもそも転職すべきなのか?

…身近な人だからといって、こういうアドバイスができるわけではありません。

ですから、転職の相談はプロ(キャリアカウンセラー/キャリアコンサルタント)にした方がいいです。

的確にアドバイスしてくれますし、相談にものってくれますからね。

3.本当に転職が必要か考える

これに関しては”自分自身との対話”です。
(こういうと何だか胡散臭い響きになりますが…)

考え方は人それぞれですが、流れの例が次の通りです。

  1. 転職を考えている理由を書き出す
  2. 転職すれば解決するのか?回答する
  3. 今の会社で実現できないのか?考える

「1」と「2」を試しにやってみると…このようになります。

●給料が低い
→他社と比べてどうなのか?今転職して年収がアップするのか?

●嫌な上司がいる
→転職先にもいるかもしれない。社員みんな嫌な人かもしれない。

●やりたい仕事じゃない
→いずれは任せてもらえるかもしれない。転職してもゼロからスタートになる。

そして、これらのことが「今の会社で実現できないのか?」を考えます。

実現できそうなら転職せず今の会社を続ける。

実現できないと思ったら転職活動を進める。

もし1人で決断するのが難しい時は、キャリアカウンセラーに相談してみましょう。