【仕事を辞めたい】親や家族に言えない時の3つの対処法

やってはいけないこと・対処法について

「今すぐにでも会社を辞めたい!」

と思っても、下記5つのことは絶対にやってはいけません。

1.誰にも相談せずに辞める

社会人なんですから「報告・連絡・相談」は必ずしてください。

あなたの人生ですから、最終的に決断するのはあなた自身ですが…

誰にも相談せず勝手に仕事を辞めるのは、ただのワガママです。

大人として、筋はちゃんと通しましょう。

2.バックレる

バックレるのも最悪です。

子どものやることです。

笑い話になるかもしれませんが、友達からも見捨てられるかもしれませんよ。

3.強引に辞める

バックレる同様、強引に辞めるのもNGです。

退職届を出した当日に辞める。引き継ぎやトラブルを解決せずに辞める…などなど。

会社はあなた中心でまわっているわけではありません。

「立つ鳥あとを濁さず」ですよ。

4.次が決まっていないのに辞める

心身ともに限界なのであれば仕方ありません。

でも、次の転職先が決まっていないのに今の会社を辞めるのは”無謀”です。

辞めるなら、転職先を決めてからの方がいいです。

ブランクをつくらずに転職した方が、スムーズに仕事をはじめられますからね。

5.焦って転職先を決める

辞めたいという気持ちが先走ると、どうしても焦って転職先を決めがちです。

「とりあえず転職できればどんな会社でもいい。とにかく今の会社を辞めたい…」

でも、こんな形で転職すると、いろいろな問題が起こりやすいです。

  • 思っていた仕事内容じゃなかった
  • 営業だと思っていたら営業事務だった
  • 県外への転勤もある会社だった

…などなど。

こうならないよう、転職活動は慎重に・焦らず進めましょう。