【仕事を辞めたい】親や家族に言えない時の3つの対処法

仕事の相談相手として候補に出てくるのが「上司」です。

辞めたい・転職を考えている…ということも上司に相談しなきゃなのかな?と思うかもしれません。

でも、上司に相談するのは辞めた方がいいです

上司に対しては、相談ではなく”報告”をすればOKです。

仕事を辞めたい!という時に上司に相談するのはキケン

仕事を進めるうえで「報告・連絡・相談」は大切なことです。

でも、仕事を辞めたい!と思った時に、上司に相談するのは辞めた方がいいです。

人によっては”真っ先に相談するべきだ!”と言うかもしれませんが…

上司に相談するとなると、下記のリスクが伴います。

リスクその1:高確率で引き止められる

上司に相談すると、高確率で引き止められます。

  • 今やめられるのは困る!
  • お前がいなくなると仕事がまわらなくなる!
  • せっかく入社したんだから頑張れよ!

…という感じですね。

でも、考えてもみてください。

このように食い止めるのって”あなたのため”ではなく”会社のため”とか”上司自身のため”じゃないですか?

いくら表面上はいい人ぶっていても、内心は会社の利益を考えています。
(全員が全員そうではありませんが…)

反りが合わない上司とか、上司が怖いから仕事を辞めたいとか。

上司に対しての信頼がない場合は、相談しない方がいいですよ。

リスクその2:ほぼ間違いなく嫌味を言われる

食い止められるのと同じですが、それと合わせて「嫌味」を言われることもあります。

  • 辞めたところで何も変わらないよ
  • そんなんで辞めたら次もどうせ辞めるよ
  • そうやって嫌なことから逃げるんだ

…という感じ。

僕自身もこういう嫌味を上司に言われました。

でも、辞めるのはこっちの勝手ですからね。

嫌な上司から逃げて何が悪いんだ?って話。

まぁ、転職先にそれ以上に嫌な上司がいる可能性もありますが…

嫌味を言ってくるような上司とは、一緒に仕事したくありませんよね。

リスクその3:会社内での評判が悪くなるおそれがある

相談した時は「そっか、そっか」と聞いてくれたのに、他の職員に噂を流す可能性があります。

  • あいつ、仕事辞めるんだってさ
  • どうせ辞めるんだから、雑用でもさせておけばいい
  • 辞めるやつなんかと仲良くする必要ないよ

…などなど。

こうなると「辞めようと思ったけど、やっぱり辞めた。今の職場で続ける」と鳴った時、めちゃくちゃキツいです。

風当たりが強いというか、雰囲気がギスギスするというか…

今までと同じ環境で働けなくなります。

上司に相談しなくても問題なし!相談ではなく報告だけすればいい

このようなリスクを考慮すると、上司には相談ではなく「報告」をすればOKです。

辞めたいんですけど…という相談はしなくていいです。

転職活動を進める▶転職先が決まる▶上司に報告する

という形が理想です。

もう辞めることが決まっているんですから、嫌味を言われても気にする必要がありません。

有給が残っているなら、それを消化してもいいですしね。

上司だけじゃない|親や友人に相談するのも避けた方が無難

とはいえ…

「仕事を辞めたい」と思い始めると、誰かに相談したくなりますよね。

ただ、身近な人に相談しても、なかなか結論はでません。

親身に話は聞いてくれますが…

納得のいく答えが出ないことがほとんどです。

ここからは、親・友人・同僚に相談するメリット・デメリットを見ていきます。

親や家族に相談するメリット・デメリット

メリット
  • 一番身近で相談しやすい
デメリット
  • 引き止められる可能性が高い

親や家族(兄弟・姉妹)は、あなたにとって一番身近な存在です。

なので、もっとも相談しやすい相手です。

でも…

心配だからこそ「辞めるのを考え直したら?」とか「最低でも3年は続けなさい」と言ってきます。

心配してくれるのはありがたいんですけどね。

それが仇になることが多いです。

友人・親友に相談するメリット・デメリット

メリット
  • 腹を割って何でも相談できる
デメリット
  •  引き止められる可能性が高い

学生時代からの友人であれば、どんな嫌なことでも腹を割って相談できます。

話を聞いてもらうだけでも気分は楽になりますよね。

友達が転職経験者であれば、アドバイスももらうことができます。

でも…

友達とあなたとでは、働き方や希望する条件が違いますよね。

なので、アドバイスが100%活用できるとは限りません。

また、家族に相談するのと同じく引き止められることも多いです。

なので「辞めることにしたわ」とか「転職するわ」という感じで、相談ではなく報告する形でいいでしょう。

会社の同僚に相談するメリット・デメリット

メリット
  • 仕事や上司の悩みに共感してくれる
デメリット
  •  誰かに噂を流す可能性がある

同じ会社(職場)で働く同僚は、嫌な上司の存在をわかっています。

なので、上司が嫌だ…怖い…という気持ちに共感してくれます。

でも、相談したらそのことを他の職員に漏らすかもしれませんよね?

で、結果として働きにくくなってしまうことに。

誰に相談すればいいの?相談に適している相手とは?

「じゃあ、結局誰に相談すればいいの?」

となりますよね。

親にも友達にも相談しない方がいい…なら、相談相手がいないじゃん!

と思いますが、います。

キャリアコンサルタント/キャリアカウンセラー>です。

ハローワークや転職支援会社に在中しているスタッフです。

いわゆる”転職のプロ”ですね。

第三者だからこそ、客観的にアドバイスをしてくれます。

本当に辞めるべきなのか?転職が必要なのか?などなど。

会社を辞めたい…転職したい…という時は、頼れる味方になってくれます。

キャリアコンサルタントに相談する時の注意点

ハローワークや転職支援会社のキャリアコンサルタントへの相談は、原則”無料”でできます。

なので、何回でも相談してOKです。

ただ…

「今すぐ転職活動を進めましょう!」とか「そんな会社、今すぐ辞めた方がいいですよ!」とか。

最初から転職を促してくるスタッフには注意しましょう。

というのも、キャリアコンサルタントの方々って”成果報酬”によって収入を得ているからです。

1人転職を成功させたら、転職先の企業からいくらかのマージンをもらう形です。

なので、転職を急かしてくる=あなたのことをお金と見ている可能性があります。

もしこのようなスタッフに当たったら…

  1. ハローワークや転職支援会社のコールセンターに報告する
  2. 他のスタッフに変えてもらう

といった対応をしましょう。